外国人と婚活&国際結婚の体験談

外国人と国際結婚に成功するための婚活サイトの情報を公開しています。外国人と良い出会いの体験談や外人と友達作りから始めて国際婚活につなげる方法も国籍によってちがいます。アメリカ人やフランス人、イギリス人や韓国人やチュニジア人たちの婚活の方法も情報を更新しています!

欧米人の男性と国際結婚すると本当に姑との問題は生じないのか?

f:id:francerenai:20180412110544p:plain

 

外国人の男性と国際結婚すると本当に姑との問題はおこらないのでしょうか?

 

実際には外国人と言っても例えば韓国で韓国人の男性と生活すると日本以上に姑との問題が生じている事実があって精神的においつけられるほどな状況になったり、離婚することも多く生じています。

(参考:http://www.koreanmarriage.xyz/entry/2018/04/12/102510 )

 

この場合、個人主義のアメリカ人や、カナダ人、オーストラリア人やヨーロッパ諸国の人たちと結婚した場合に自分とパートナーとの家庭が一番大切で、夫の両親や家族との関係は日本よりも関係が薄いものと考えて大丈夫です。

 

筆者もフランス人の夫と過去に結婚していました。その時は何かのイベント(例えば母の誕生日とか、クリスマスとか)そう言ったときは家族が交流しあうということでお祝いするという習慣があります。

 

日本と比較すると姑に対する嫁の仕事は基本ないと考えて大丈夫です。

このことで欧米人との結婚に悩んでいるのだったらまず心配ないです。

 

欧米人と国際結婚しても姑に対してしなくていい嫁の習慣

 

f:id:francerenai:20180412110300p:plain

 

  • お盆や年末に夫の実家に帰らなくていい
  • 儀両親が病気になっても嫁が介護する必要はない
  • 子供の有無は義親がいう権利はない

 

どうでしょう?

 

外国人の男性のお嫁さんになっても、妻として夫と生活することが目的で義母や義両親の生活には関与しなくていいのです。

 

これが個人主義の考えに基づく姑と日本的な問題が稀だという事実です。嫁姑関係でマ日ストレスを抱えることは極力ないのがウレシイことですよね。

 

国際結婚するならやはり韓国人男性はNGですが、欧米人なら嬉しいです!

外国人の男性と国際結婚して一番嬉しいこと:日本人同士の夫婦と比較した愛情表現

f:id:francerenai:20180412122257j:plain

 

欧米人と国際結婚すると一番幸せ感を感じられるときって、奥さんを大切に思ってくれている=愛してくれている言葉を常に表現してくれること。

 

結婚したてのころはお互いの恋愛感もまだ残っているので(笑)。

 

結婚すると夫婦間の愛情や恋愛感は変わってくるのは日本人でも外国人でも同じです。

結婚していな時はパートナーに対する感情=好き、愛しているという気持ちが大きい。

 

同棲していなければ毎日会えないから「好き」という気持ちは大きい。

 

f:id:francerenai:20180405150026p:plain

 

でも結婚したり同棲して、生活をいっしょにすると相手の不快なことも当然認めなければいけないことが多いので。

 

また毎日いっしょに過ごすと慣れあいになってくることもある。

  • ダラダラした姿
  • ノーメイクすぎる顔で家をうろつく
  • ファッションセンスなさすぎの服や、ジャージ姿で家の中をうろつく
  • 食べ方が汚い
  • トイレの音がするとか
  • トイレのドア開けっぱなし

などなど

考えるといっぱいでてきます。あ~もうって感じ

 

f:id:francerenai:20180412122323g:plain

 

そういうことってお互いの習慣を擦り合わせて暮らしていく中で、時間が立てば慣れてしまうので交際しているときよりもお互いにより楽に生活ができるというメリットはあります。

 

そうなる過程で恋愛感情が夫婦愛に代わっていくんですよね。それそれで夫婦の仲が歳を重ねることでより深くなるのでいいのですが、「恋愛中のドキドキ感」が失われていっちゃうんです。

 

それが日本の夫婦だと仮面夫婦になったり、家庭内別居につながったりもする。もはや夫婦間の情も言えそうな状態でもいっしょに過ごしているだけの生活。

 

外国人の男性と国際結婚でしてよかったと幸せを感じる瞬間

f:id:francerenai:20180412122827g:plain

 

それと比較して、外国人の夫で国際結婚の生活が長い人たちの雑談を聞くと、必ず日本人の奥さんが教えてくれる共通のことがありました。

 

  • 愛情表現を毎日言葉にだしてしめしてくれること
  • 奥さんに対してレディーファーストは徹底していること

 

f:id:francerenai:20180412122702j:plain

 

女性にとってパートナーが「愛している」っていってくれる言葉は嬉しいですよね。

 

それに自然にふるまえるだけのレディーファースト精神が身についているので、何かと奥さんに対して優しさが向けられていることが国際結婚を続けていられる秘訣だということを教えてくれました。

 

 

どうでしょう?国際結婚って離婚率も高いけど、お互いの愛情を言葉にしていればいっしょにいてよかったと感じられる瞬間って日本人同士の夫婦生活よりも多いでしょう!

日本人女性が国際結婚で海外生活をするときに後で後悔しない一番のポイントって何?

f:id:francerenai:20180412114527p:plain

 

いざ国際結婚して海外で生活するとなるといろいろな紙上の手続きが大変だったり、実際に現地での生活の仕方に戸惑ったり、言葉が通じなかったり。楽しいことばかりじゃない。

 

いろいろ日常生活していくうえで小さな大変なことは日常茶飯事。

 

あんなに自分を好きって言ってくれる夫でさえ、ずっと自分の傍らにいてくれることわないわけで。日中は自分の力だけで生活しなければならない。誰も頼れない、そんな状況です。

 

でもそういう日常の小さな頭の来ること、心配、不快なことってどうでもいいんです。全て慣れてしまえば問題にもならなくなりますから。

 

日本にいるときは完璧主義で真面目だったのが、海外で生活するとある程度ズボラに考えられるようになり、時間にも多少ルーズでも構わないし。

 

自分の言いたことは主張できるしね。

 

日本のようにオブラートに言葉を包まなくてもいいので、そのような気遣いで疲れることも少なくなる。

 

f:id:francerenai:20180412114628p:plain

 

でもね海外生活をしていて年齢を重ねると感じることなんですが。

 

20代、30代のころはそれほど気が付かない。

自分の身の回りの生活や、自分の将来のことでいっぱいいっぱいだから。

 

でも40代以上になると、自分の親について考えるようになるんですよ。

 

海外にいるとすぐには親の元に帰れませんよね。日本にいても同じような境遇ですが、気持ちの度合いが違いすぎます。

 

下手すると親の死に目にも会えない、そんなことがひょっとすると起こるんです。

 

海外に住むと自分の親に対してありがたみと尊敬の念が増します。物理的な距離があるし、海外では国際結婚していて夫は優しくても、自分の両親にはかないません。

 

時々みる親が老いて、身長が低くなっていくのをみると何とも言えない気持ちになります。

 

それでも海外で結婚生活をするだけの決心は必要になります。自分の「国際結婚」したいという願いをもっと重く受け止めてください。