外国人と婚活&国際結婚の体験談

外国人と国際結婚に成功するための婚活サイトの情報を公開しています。外国人と良い出会いの体験談や外人と友達作りから始めて国際婚活につなげる方法も国籍によってちがいます。アメリカ人やフランス人、イギリス人や韓国人やチュニジア人たちの婚活の方法も情報を更新しています!

比べてわかった国際結婚はやはりネットの出会いがベターな理由

f:id:francerenai:20180524070748p:plain

 

自分自身が外国人と国際婚活を実際にしているとき、その夢を実現させるときにやっぱり実感したことは、外国人に出会える回数をできるかぎり多くする、ということ。

 

恋心って最初からあるわけでなく、同じ人と何度もあっているうちに「あれ?、なんかこの男性いい感じ・・・」「ちょっと気になるかも・・」「う~ん好きになってしまってちょっと苦しい・・」とか感じてくるのが普通ですよね?

 

一目ぼれ以外、ちょっとずつ時間をかけて相手に対してなんとなく関係深まっていく感じ。もっといろんなプライベートのことや交友関係をしりたくなってくる。

 

でも、それがもし外国人だとしたら?

 

出会いから交際までスムーズにできたとしても、日本に長期的にあるいは永久的にすんでいて、仕事も安定している外国人にはそう簡単に出会えない。

 

f:id:francerenai:20180524070829j:plain

 

以前は、友達の紹介やネットのでの出会い、国際交流パーティーに参加したこともあるけど、1年限定のワーキングホリデーできている外国人や、期間限定でイギリスから派遣されて英会話の先生やっている人とか、大学や日本語学校に留学している外国人とか。

 

こういう人っていずれ海外に帰ってしまう確立が多いから・・。そう考えるとその時に別れが来るのはつらいし、出会うこと自体に躊躇してしまったときもありました、実際。

 

でも実際に過去にフランス人の夫と結婚することになったとき、私たちは遠距離恋愛だったから。

 

フランス人の元夫との国際結婚までは遠距離恋愛なってから成功しました

 

f:id:francerenai:20180524070909p:plain

 

当時は同棲していたけど、私のフランスでの生活費の貯金も底をつく寸前だったので、親の大病も理由に同棲6カ月に終わりをつげ、当時つきあっていた彼氏には日本に帰ることを宣言しました。

 

その時フランス人特有の「将来のことを考えるより今の楽しいこと、幸せなこと」を優先させる人たちなので、私が長期的に(=永久に)日本へ帰国すると告げたときは、結婚するかも考えていなかったそうです。

 

とりあえずフランスの日本の遠距離恋愛を続けましたが、当時はスマフォがなかった時代なので、連絡できるのはスカイプやメール、国際電話など。

 

元から筆不精で面倒臭がりだった性格もアリ、彼氏には自分から連絡しなかったことがほとんど。

 

彼から電話がきても時差で夜中になったり明け方になったり電話さえであなかったこともほとんどで、、。

 

f:id:francerenai:20180524071110p:plain

 

そういう状況にしびれを切らしたのと、なかなか自分の連絡さえ思うように成功しないことに対してオスの「追い求める」性格もでたのでしょう。

 

このことがきっかけでフランス人の彼氏からいきなり「結婚したい」という連絡を電話越しに聞いた。

 

フランス人は告白のプロポーズは日本人のようにはっきりとしないと聞いていただけに、さすがにスッゴク驚きました。嬉しかったですけどね(笑)。

 

長くなりましたが、だからネットの出会いで海外にすむ外国人と遠距離恋愛になったとしても、近くにいる存在ではないから「国際結婚」に対してより真剣に考えるようになるのでは?と実感しました。

 

手に届かない距離にいるからこそ、相手への思いが募る。そしていっしょにいることが今できない現状を何とかしたいと思うから「結婚」していっしょに毎日生活できる!という考えに到達します。

 

だからネットの出会いで遠距離恋愛になることも国際結婚へ段階を1つ上っているのではないでしょうか?

 

欲張らない、ただ「元気が出る外国人と出会い」を求める

f:id:francerenai:20180524051042p:plain

 

国際婚活で大切なのは外国人との出会い。

 

ブサイクな顔も生理的にイヤでなければ性格がよければ結婚相手としては十分なんじゃないのかな?

 

一緒にいると元気なパワーを自然にふりまけるそういう快活な外国人の男性との出会いは明るいバーやアイリッシュパブなどに行くと、そんな外国人にも出会えますよ!

 

東京には外国人が多いバーやアシリッシュパブはいろいろあるけど、日本人も躊躇しないでフラッと女性一人でも飲める人気なバーとアイリッシュパブを今回は紹介します。

 

こういうところでの出会いは何度か同じお店に通うことで、バーテンダーが顔を覚えてくれたり、常連客の外国人に顔を自然と覚えてくれたりしてもらうのが声をかけてくれるきっかけになります。

 

お酒が好きな人だったら、1人飲みもOKなお店ばかりなので、一度試しにいってみるといいですよ。

 

特に平日の夕方18時以降からはけっこう外国人の男性のサラリーマンの人たちが仕事帰りに立ち寄っていきます。

 

R2 SUPPER CLUB

 

f:id:francerenai:20180524044739p:plain

 

東京都港区六本木7-14-23
TEL:03-6447-0002

最寄り駅:東京メトロ日比谷線大江戸線六本木駅
日比谷線・出口4bより乃木坂方面へ徒歩2分
大江戸線・出口7よりホテルアイビス方面へ徒歩2分

 

外ほとん国人の店内スタッフ、バーテンダーがほとんど。

雰囲気は落ち着いていて、女性一人飲みもできる感じ。個人的にはここのBARは居心地良い!

お客さんも外国人のほうが多いように感じた。

 

お客の見た目年齢層:30代~40代が多かった。

 

 

西麻布MUSE

 

f:id:francerenai:20180524045718p:plain

 

東京都港区西麻布4-1-1 B1F

TEL : 03-5467-1188

 

ここはバーではなく、六本木界隈のクラブです。

 

客層はざっとみて外国人男性と日本人女性が圧倒的に多いかなって感じ。

日本人男性も来店しているけど、やっぱり外国人男性も日本人女性も一つの出会い場所としてこのクラブに来ている感じをビンビンにしました!

 

服装もだらしない恰好や安すぎる格好での入場は断らるので注意。

その他、R2 SUPPER CLUBよりは外国人も日本人女性の年齢層もぱっと見若いような気がしました。

 

20代~30代前半の来客が多いんじゃないかな?

外国人の男性とワイワイと楽しみたい人にはもってこいの場ですね。

 

また定期的にクラブ主催の日本人と外国人の交流パーティーが行われているので、その時は外国人の友達が欲しい人、彼氏を探している人が堂々と(笑)参加できるのは魅力的です!

 

f:id:francerenai:20180524051210j:plain

 

外国人と日本人女性に評判のいい東京のクラブとバーを簡単に紹介しましたが、お酒が苦手だったり、やっぱりちょっと一人で行くのは勇気が出ない人は、マッチ・ドットコムのネットの出会いで気軽に友達から出会いをスタートさせてもいいんやないかな?

 

友達からスタートといっておけば、恋心がおきなければそのままバックレてもいいし、外国人の友達キープにしておいてもいいわけだし^^。

 

いちいち最初の出会いから本気モードで始めなくても軽く会話する程度、友達作りから始める出会いでもいいんじゃないかな?

欧米人の男性と国際結婚生活の体験:共働きのメリット

f:id:francerenai:20180524035505g:plain

 

欧米諸国の男性と国際結婚すると、文化の違いや習慣の違いもあるので、日本人同士のように言わなくてもなんとなく雰囲気で理解できることはない。

 

そんな苦労もあるけど、逆に外国人の夫にすごく感謝したくなることもでてきます。

 

例えば、欧米人は結婚しても「夫婦共働き」の考えが一般的。

 

子供がいても夫婦お互いに自分が好きな仕事、輝ける仕事、自信をもって自分の仕事について語れるような職業を持つことが一人の男性、女性として評価されます。

 

職種は関係ないけど、その仕事で自分がどんだけ魅力ある人間かってことかってことがアピールできる、そんな人柄をパートナーに求める人が多いです。

 

日本のように「専業主婦」は評価が低い認識。

 

奥さんが働いているからこそ、いっしょに生活していてメリットも十分あります。

 

  • けっこう手抜き料理でも全く文句言わない、喜んでもらえる!
  • 掃除も嫌がらずにやってくれる
  • 料理も手伝ってくれたり、時にはごちそうを作ってくれる
  • 子供の面倒もみてくれるときもある

 

これだけのことでも時度率先してやってくれる、または一緒にちょこっとでも手伝ってくれると旦那さんに対して感謝の気持ちもわくし、愛も変わらずに深まっていく。

 

f:id:francerenai:20180524035602p:plain

 

私自身もフランス人の夫といっしょに暮していた時は、特に夜ご飯を用意していると、オープンキッチンだったので、一緒に野菜きったり、サラダのドレッシングを作ってくれたり、エビの殻を一緒にむいたり。

 

何かちょっとした会話をしながらなんとなくいっしょにおいしいごはんをつくっていたので、それなりに楽しかった思い出があります。

 

仕事だけではなくて、外国で就職のために何か資格をとれる学校に通ったり、語学学校に通ったりするだけでも専業主婦とは違うので、奥さんが外国の生活に溶け込もうとがんばっている姿を感じて応援してくれる旦那さんもけっこう外国人には多いんですよ。

 

f:id:francerenai:20180524035413p:plain

 

外国で言葉が不自由でも、家庭で夫のやさしい言葉やちょっとした家事のヘルプがあればの外国生活も乗り越えることができます。

 

 

こうしたちょっつぃたことですが、外国人ならではの旦那さんとそれぞれの仕事の時間を大事にしながら、お互いに支え合っていくことができることが、理想の夫婦なのではないでしょうか?