外国人と婚活&国際結婚の体験談

外国人と国際結婚に成功するための婚活サイトの情報を公開しています。外国人と良い出会いの体験談や外人と友達作りから始めて国際婚活につなげる方法も国籍によってちがいます。アメリカ人やフランス人、イギリス人や韓国人やチュニジア人たちの婚活の方法も情報を更新しています!

外国人と国際結婚:日本で結婚するか外国式の結婚を手続きをするのか?

f:id:francerenai:20180613123620j:plain

 

外国人と国際結婚する場合、各国の結婚手続き方法と日本で結婚に関する書類上の手続きを完了させる両方のことが必要となります。

 

当人も一度フランス人の男性と国際結婚しているので、手続きが大変だったが記憶にあります。

 

最初に日本で国際結婚の手続きをするのそれとも海外の市役所で結婚手続きを最初にするかによっても必要な書類が違ってくるので、大使館で問い合わせることが必要になります。

 

個人的に国際結婚した時は、

  1. 最初にフランスの役所で手続きをし、
  2. 日本での結婚手続きに必要な書類は簡単な書類上のものだけで済みました。

 

住んでいる管轄の役所で聞くと、「既に海外で国際結婚している場合の日本での結婚手続きに必要な書類」を教えてくれます。

 

外国人と国際結婚して日本で済む場合の戸籍上の「筆頭者」は誰になるのか?

f:id:francerenai:20180613123704p:plain

 

ただ気を付けるのは、日本で生活をする場合、戸籍謄本を新しく取得することになります。その時に、性別に関係なく「日本人が筆頭者となる」ことが日本の法律で定まっています。

 

たとえイスラム教等の男尊女卑がある国でも、日本に住む限り、日本人が筆頭者となるのを忘れずに。

 

ちなみに離婚した場合でも、日本人側の戸籍には日本人同士の離婚のように「バツ」はつかず、外国人側の籍が消去されるだけになります。

 

少なくとも私個人のフランス人と離婚の際の戸籍謄本を取り寄せたときは夫の名前が抜けていただけになりました。

 

外国人の方と離婚されてその後に日本人の方と再婚されるときに、自分のバツイチだったことが戸籍上には書かれないので、プライバシーは守られます(笑)。

 

フランスで最初に国際結婚する場合のこれだけは肝に銘じとこう!注意点

f:id:francerenai:20180613124209j:plain

 

結婚の公示期間

 

私が夫と結婚したのは南仏の市役所。

結婚する前にフランスでは夫婦となる人の公示をする期間が定められれtます。

フランスの役所の公示場所に1週間ほど公示されました。

 

それから誰からもその結婚に対して「異議申し立て」がなければ正式に役所で結婚手続きになります。

 

フランスの結婚までかかる期間と気がめいる結婚手続き

 

最初にフランスで結婚する場合の必要書類は、結婚する年によってフランスの法律が変わったりするので、在日フランス大使館で情報を集めることが必要になります。

 

手続きは時間がかかり面倒ですが、大使館の方たちはしゃんと情報を教えて下さるのでトラブルはありません。

 

f:id:francerenai:20180613124303j:plain

 

ただフランスのお役所の手続きがかなり面倒くさい。

私自身の場合、元夫の友人が市役所に勤めていたおかげで、結婚手続きはとてもスムーズに進みました。

 

一般的には、役所の担当者によっては必要書類が違ったり、何かにしら言いがかりつけてきたり、担当者の気分によって手続きもスムーズにできたりそうでなかったりするので、こればかりは運に任せる!的なことがあります。

 

両国で結婚手続きを法的に済ませて初めて国際結婚が成立したことになります。

 

国際結婚の手続きはちょっと面倒だけど、いっしょに暮らすことができれば幸せだし、いっしょに住む国で働く権利ももらえるのでメリットは大きいです!

結婚を逆手にとって浮気する外国人の男性の実話体験

f:id:francerenai:20180524080534g:plain

.

イギリス版のコスモポリタンで見かけた記事。

 

結婚するほどの本命の彼女がいるにも関わらず浮気し続ける男性の様は、日本人の男性とも変わらず、ということが想像つきます。

 

それほど浮気の事実も多いのがイギリス人の男性の実態なのか?と思ったけど・・。

 

"Started casually dating and hooking up with a guy I met through friends. It certainly wasn’t serious but went on for a couple months before fizzling out. Ran into him at the local pub one night. His face went white and he got completely flustered as he introduced me to his girlfriend. Initially I assumed they started dating after we stopped hooking up and didn’t say anything. She cornered me later that night and asked if/when we had been hooking up and I answered honestly. Turns out they had been together for three years. She dumped him minutes later and we went and did some shots together. We both lost 175lbs of garbage from our lives and got a new friend out of the deal." [via]

 

(参考 https://www.cosmopolitan.com/uk/love-sex/relationships/a14536247/how-women-discovered-they-were-the-side-chick/

 

 5年も同棲している彼女の存在を知らされずにまんまとセカンドとして体の関係を楽しむ関係の意味で求められていたのだろうか・。。

 

f:id:francerenai:20180524080633j:plain

 

それにしても本命の彼女との写真をfacebookに随時アップしていたなんて・・。

すぐにセカンド彼女にバレルに決まっている。こんなことも気づきもせずに堂々と写真アップしてるイギリス人男性にはあきれます。

 

他にもセカンド彼女がいるイギリス人の男性の実話エピソードが満載されていました。

 

このような結婚している又は、結婚の約束をしてる彼女がいるのにセカンドの彼女を求めてしまう外国人もネットの出会いでたくさん登録しています。

 

こればっかしはプロフィールを読んでも本音を書いてない場合もあるし、やはり一人一人話をしっかりして彼らのバックグランドをしっかりと直接聞きだすことから婚活を始めたいですね。

比べてわかった国際結婚はやはりネットの出会いがベターな理由

f:id:francerenai:20180524070748p:plain

 

自分自身が外国人と国際婚活を実際にしているとき、その夢を実現させるときにやっぱり実感したことは、外国人に出会える回数をできるかぎり多くする、ということ。

 

恋心って最初からあるわけでなく、同じ人と何度もあっているうちに「あれ?、なんかこの男性いい感じ・・・」「ちょっと気になるかも・・」「う~ん好きになってしまってちょっと苦しい・・」とか感じてくるのが普通ですよね?

 

一目ぼれ以外、ちょっとずつ時間をかけて相手に対してなんとなく関係深まっていく感じ。もっといろんなプライベートのことや交友関係をしりたくなってくる。

 

でも、それがもし外国人だとしたら?

 

出会いから交際までスムーズにできたとしても、日本に長期的にあるいは永久的にすんでいて、仕事も安定している外国人にはそう簡単に出会えない。

 

f:id:francerenai:20180524070829j:plain

 

以前は、友達の紹介やネットのでの出会い、国際交流パーティーに参加したこともあるけど、1年限定のワーキングホリデーできている外国人や、期間限定でイギリスから派遣されて英会話の先生やっている人とか、大学や日本語学校に留学している外国人とか。

 

こういう人っていずれ海外に帰ってしまう確立が多いから・・。そう考えるとその時に別れが来るのはつらいし、出会うこと自体に躊躇してしまったときもありました、実際。

 

でも実際に過去にフランス人の夫と結婚することになったとき、私たちは遠距離恋愛だったから。

 

フランス人の元夫との国際結婚までは遠距離恋愛なってから成功しました

 

f:id:francerenai:20180524070909p:plain

 

当時は同棲していたけど、私のフランスでの生活費の貯金も底をつく寸前だったので、親の大病も理由に同棲6カ月に終わりをつげ、当時つきあっていた彼氏には日本に帰ることを宣言しました。

 

その時フランス人特有の「将来のことを考えるより今の楽しいこと、幸せなこと」を優先させる人たちなので、私が長期的に(=永久に)日本へ帰国すると告げたときは、結婚するかも考えていなかったそうです。

 

とりあえずフランスの日本の遠距離恋愛を続けましたが、当時はスマフォがなかった時代なので、連絡できるのはスカイプやメール、国際電話など。

 

元から筆不精で面倒臭がりだった性格もアリ、彼氏には自分から連絡しなかったことがほとんど。

 

彼から電話がきても時差で夜中になったり明け方になったり電話さえであなかったこともほとんどで、、。

 

f:id:francerenai:20180524071110p:plain

 

そういう状況にしびれを切らしたのと、なかなか自分の連絡さえ思うように成功しないことに対してオスの「追い求める」性格もでたのでしょう。

 

このことがきっかけでフランス人の彼氏からいきなり「結婚したい」という連絡を電話越しに聞いた。

 

フランス人は告白のプロポーズは日本人のようにはっきりとしないと聞いていただけに、さすがにスッゴク驚きました。嬉しかったですけどね(笑)。

 

長くなりましたが、だからネットの出会いで海外にすむ外国人と遠距離恋愛になったとしても、近くにいる存在ではないから「国際結婚」に対してより真剣に考えるようになるのでは?と実感しました。

 

手に届かない距離にいるからこそ、相手への思いが募る。そしていっしょにいることが今できない現状を何とかしたいと思うから「結婚」していっしょに毎日生活できる!という考えに到達します。

 

だからネットの出会いで遠距離恋愛になることも国際結婚へ段階を1つ上っているのではないでしょうか?