外国人と婚活&国際結婚の体験談

外国人と国際結婚に成功するための婚活サイトの情報を公開しています。外国人と良い出会いの体験談や外人と友達作りから始めて国際婚活につなげる方法も国籍によってちがいます。アメリカ人やフランス人、イギリス人や韓国人やチュニジア人たちの婚活の方法も情報を更新しています!

外国人と恋愛する時に注意する点:日本人が求める恋愛観の相違

 

f:id:francerenai:20180405145251p:plain

 

外国人の女性は日本人の女性と違って、オーバーアクション。


つまり自分の自信に満ち溢れた言動をします。自分に自信のない言い方はしない、自分や自分の家族をどうどうと紹介する。

 

日本人特有の奥ゆかしというのでしょうか。一歩さがったものの言い方や物腰なんて通用しないのが外国人と付き合う前に理解しておくこと。

 

かといって人の間にわって自分の意見を主張したり、わがまま言い放題というのとは別物ですよ(笑)。

 

なんで外国人と婚活したいと思いました?

 

  • 外国人のセレブな男性を捕まえて優雅な海外生活を夢見てる?
  • ハーフの子どもが欲しいから?
  • 周りの女性に自分は勝ち組と思わせたい?

 

中には上記の考えをもっている日本人女性って少ないないんですよ。

若い人もそうだけど、特に結婚適齢期に乗り遅れた女性がよくいってること。

 

日本人相手だと年齢的にもう若くないから、年齢を気にしない外国人の男性だったら結婚相手にもなる?!とでも思ってるんじゃないですか?

 

ちょっと言葉が辛口になっちゃいました。

というのは以前、こんな実際の情報をみつけてしまったから。

 

外国人の男性と必死に婚活している30代後半の日本人女性の恋愛観

f:id:francerenai:20180405145604p:plain

 

(女性SPA「低収入の日本人男性はイヤ!もう外国人しか目に入らない」の記事より一部抜粋)

 

<桜井理子さん(仮名・34歳)婚活歴3年


(・・・)30歳を過ぎ、焦って婚活を始めた時点では、日本人男性との結婚しか頭になかったのも当然。それが、今や外国人男性しか目に入らないという。

 

 方向転換のきっかけとなったのは(・・・)日本人同士の婚活パーティだった。

女性20人に対して集まった男性は、たった6人。しかもデブとかチビばかりで、年収も良くて500万円程度。女は30代も半ばに差しかかると、こんな低レベルの男に群がるしかないのかと思うと、やりきれなくなりました」

 

 20代の頃は「それなりにモテていた」と豪語。

 

(・・・)そんなとき、よく参加していた婚活業者のホームページに、「外国人男性と日本人女性限定の婚活パーティ」という告知を発見し、興味本位で参加した。

「(・・・)実際に行ったら、30~40代のマジメそうな男性ばかりで驚きました。しかも、彼らはみな優しいし会話も盛り上げ上手。そこから『外国人もアリかも』と思うようになったんです」

 

 一度、外国人男性を意識し始めると、日本人男性にはない魅力ばかりに目がつくようになった。

 

特に、惹きつけられたのは経済面だ。「日本で働く外国人ってお金持ちが多い。駐在員だと特別手当がたくさんつき、ある外資系企業なんて家賃補助だけで毎月40万円も出るそうです。婚活パーティに参加する年収300万円の日本人男性とは生活レベルが違う。多少、年齢が上でも全然アリですよ」

(・・・)

 

上記の女性のようにな人が外国人と国際結婚したいと願っている人ばかりでないし、なんとなく結婚まで至った人が大勢います。

 

まずね、外国人と婚活うんぬんの前に結婚相手に望むことが上から目線過ぎるのが結婚できてない条件です。

 

相手の経済状況で自分の優雅な生活を確保しようという魂胆でしょ?

そんなの外国人の男性は考えてませんから。

 

外国人が求める結婚相手の条件って何?

f:id:francerenai:20180405150026p:plain

 

結婚していてもお互いのプライベートな銀行口座は明かせないで、共同生活のための銀行口座を作って生活費を折半するというのが外国人の考えですよ。

 

あくまで生活費ですからね。余暇の分や奥さんのお小遣いなどは考えていないのが普通ですよ。

 

だからそのためにも女性側も自分の生活のために仕事をもつことが課せられます。

 

仕事をもたない女性=自立していない女性と外国人にはみなされますから。そんな女性は最初から婚活対象外です。

 

正規の職でなくてもいいんです。バイトでもパートでも。ただ自分が地震もって生涯続けられる職業を語れる素晴らしい女性像という考えを外国人はもってます。

 

外国人と国際結婚を考えているのなら30代前半はすでに遅い事実は覚悟するべき

f:id:francerenai:20180405150411p:plain

 

離婚歴があったり、子供がいるバツイチの外国人を除いて、年齢を日本人ほど気にしないといっても、やはり30代後半以上の女性と婚活をしようと本気で考えている外国人の男性はやはりそれなりの覚悟が必要なのですよ。

 

なぜだか分かりますか?

男性共通の自分の家族をいずれは持ちたいという潜在的な希望があるからです。

 

この上記に紹介した女性はもう30代半ば。

 

例えばアメリカ人相手に婚活を考えているならかなり難しいですね。なぜならアメリカでは子どもが産める女性の年齢って30代前半と考えているのが一般的だからです。

 

だからこの女性のように、上から目線のように日本人は年収も低いし自分を相手にしてくれないから外国人セレブの男性と婚活を考えても、年齢ですでに遅し。

 

それにもう一つ言えること。

 

f:id:francerenai:20180405150701p:plain

 

外国は日本以上に格差社会。貧富の差は激しいです。

 

パン屋の息子はパン屋のように、生まれた時からある程度自分の生活レベルの社会ステータスが決まってしまっています。

 

つまり、あまりかけ離れた上流社会の人たちとの婚活は考えられないということです。

この女性のように、両親の職業、自分の学歴、職業、年齢、社会的ステータスが婚活相手のセレブの外国人の男性と釣り合うような社会的地位だったら多少年齢が上でも婚活では成功しますが・・。

 

外国人の男性だって好んで婚期に遅れた30代後半以上の日本人女性を選ぶことは第一条件ではありえませんね。

 

またそういう女性は結婚詐欺にもひっかかりやすいので注意が必要です。