外国人と婚活&国際結婚の体験談

外国人と国際結婚に成功するための婚活サイトの情報を公開しています。外国人と良い出会いの体験談や外人と友達作りから始めて国際婚活につなげる方法も国籍によってちがいます。アメリカ人やフランス人、イギリス人や韓国人やチュニジア人たちの婚活の方法も情報を更新しています!

国際結婚して海外に移住する事実を親はどう受け止めるのか?

f:id:francerenai:20180412144509p:plain

 

国際結婚して海外移住する予定の人は、移住のための書類の準備やその他諸々のことで頭がいっぱいでしょう。

 

ただ海外に住むということは実の両親と離れ離れになるということも考慮しておいたほうがいいです。

 

両親が老いていく姿、自分が40代代以上にもなるとすごく心配が大きくなる現象です。

そういう親のことを考えると外国人と婚活していいのだろうかと迷うときもあります。

 

親の気持ちとしてはやはり実の子どもが海外に移住してしまううと、距離的に考えてすぐに会えることもできない、海外に会いに行くにも語学の心配もでてきて不安もある、子供が何か必要な時にすぐに助けることもできない、という声が多いです。

 

筆者もフランス人の夫と結婚してパリ郊外の家に住んでいた時に同じようなことを考えました。

 

あと何回母に会えるのだろうと。そんなことを30代になって毎日考えるようになりました。

 

子供が母を想う気持ちはこんな感じでしょう。

 

f:id:francerenai:20180412144608p:plain

 

でも私の親が実際に言っていたことはちょっと子供が親を考えることとは始点が違うことがわかりました。

 

親でも子供でも、子供の時は知識も能力も財力も親より劣るのだから母が子供を無条件で愛して助けることは当然のこと。

 

でも子供が成人して社会で働くようになれば同じ大人同士経験が違うだけで対等な立場になる。

 

だから大人に100%常に依存したり、依存されるのはお互いの個々の生活に対して迷惑をかけることになります。

 

だから例えば介護での問題は実の親と子供でも生じるのではないでしょうか?

 

f:id:francerenai:20180412144818p:plain

 

実の親でも毎日親の世話をしなければならない状況になると、自分のプライベートな時間が全て奪われてしまいます。そうすることで親に対して憎しみや嫌悪感がどうしても生まれてきてしまう。

 

親の喜びはこどもが幸せになることなんですよ。それが親孝行でもある。

 

日本国内でも親の住むところから別の場所へ引っ越してしまうということも同じことですよ。だから国際結婚による海外移住を特別なことに考えることはありません。